« つばめが走る | トップページ | 遅い田植え »

2012年7月 9日 (月)

卑弥呼の里

邪馬台国は甘木・朝倉にあった!

福岡県のほぼ中央に位置する朝倉市



日本最大のミステリーとされる

「邪馬台国」の存在と「卑弥呼」

それにまつわる遺跡などが

あちらこちらで数多く発見されております



大己貴神社や麻氐良山(まてらさん)

そして日本最大級の平塚川添遺跡などなど



また同地区を走る甘木鉄道の気動車にも

こんな卑弥呼の絵がラッピングされています



Img_1278amatetu





Img_1278amatetu2

梅雨明けとも思われる今日の北部九州

卑弥呼のラッピングされた気動車が

真っ青な青空の下を走ります



2012年7月8日甘木鉄道











|

« つばめが走る | トップページ | 遅い田植え »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1156227/46247423

この記事へのトラックバック一覧です: 卑弥呼の里:

« つばめが走る | トップページ | 遅い田植え »