« 九州の鉄道玄関口 | トップページ | 白Lで試し撮り »

2012年1月11日 (水)

日南線~「海幸山幸」

地元産の飫肥杉をふんだんに使用した

リゾート列車「海幸山幸」

 

日南の海や山の豊かな自然がはぐくむ美しい景色

特に油津ー大堂津から望む七ツ岩は最高の景観です

 

Img_1212umisati

あの浮世絵師の安藤広重も画いたといわれる七ツ岩

しばらく眺めていてもこの景色は飽きないですね

 

Img_1212umisati4_2
そしてやってきた「海幸山幸」

ゆっくりと鉄橋を通過します

 

2012年1月2日 日南線油津ー大堂津/海幸山幸









|

« 九州の鉄道玄関口 | トップページ | 白Lで試し撮り »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

こんばんは

結構有名になった海幸山幸、これを見る度に何とも感慨深くなります。
御承知かと思いますが、元は高千穂鉄道のトロッコ神楽号TR401・402。

実は私、元高千穂鉄道の運転士でして、この2両の試運転と高千穂発一番列車を担当したのです。
今や高千穂線跡は惨憺たる有り様。
更地になったり草むす屍、赤錆たレールを見る度、未だ無念さが胸に込み上げてきます。

こうしてかつての相棒が装い新たに走るのは、素直に喜ぶ事なのかも知れませんが、私には何とも言えない感じです。

あぁ、悲運なる高千穂線


長文失礼致しました。

投稿: レールマン | 2012年1月20日 (金) 23時04分

そうですよね、「海幸山幸」は元高千穂鉄道を走っていたんですよね

その後水戸岡さんの手にかかり今は観光列車として日南線を走っていますが
当時の運転士レールマンさんとしては喜び逆に無念さ複雑な思いでしょうね

あの大雨で高千穂線が寸断された以降
当時の東国原知事に何とか復旧の期待をよせたのですが、結果なにも
できなかったですね

でもこのように九州で元気な姿で走っているのを見てレールマンさんも
少しは安心されているのではないでしょうか

投稿: いわいわ | 2012年1月21日 (土) 20時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1156227/43693602

この記事へのトラックバック一覧です: 日南線~「海幸山幸」:

« 九州の鉄道玄関口 | トップページ | 白Lで試し撮り »