« つなげよう、日本 | トップページ | 冬晴れを駆ける »

2011年12月22日 (木)

卑弥呼

日本人がロマンを感じる邪馬台国と卑弥呼

北九州説や畿内説の論争が続いていますが



国内最大規模を誇る環濠集落吉野ヶ里遺跡、

もしかしてここに邪馬台国が

そして卑弥呼の墓と言われている平原遺跡等々

そんなロマン感じる九州ですが

甘木鉄道を走る列車にも

こんなラッピングが施されています



Img_111211amatetsu

卑弥呼の絵がラッピングされたAR401



2011年12月 甘木鉄道/AR401









|

« つなげよう、日本 | トップページ | 冬晴れを駆ける »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1156227/43459764

この記事へのトラックバック一覧です: 卑弥呼:

» 佐賀県吉野ヶ里遺跡を廻り、最後の夜は嫁・叔父さんとパブで酔う。 [脳挫傷による見えない障害と闘いながら・・・]
 嫁:智んころ姉ちゃんの父の葬式も無事に佐賀市で済んだ後、我々は、静岡へ戻ろうとしたが、他界した義父の弟様が、自分等2人を我が子の様に親しんで下さり、佐賀県で有名な「吉野ヶ里遺跡」へ連れて行くと...... [続きを読む]

受信: 2011年12月23日 (金) 12時19分

« つなげよう、日本 | トップページ | 冬晴れを駆ける »