« イーディー76 | トップページ | EF81-408号機 »

2011年8月 3日 (水)

世界遺産目指す肥薩線

熊本県八代市と鹿児島県霧島市を

結ぶ肥薩線



「肥薩線は生きた博物館」と呼ばれるように

ここには「ハチロク」と呼ばれるSL人吉号や

100年以上前に造られ現役で活躍する駅舎や橋など

歴史的価値が注目されています



地元住民が100年守り続けてきた歴史的遺産が

こんどは世界遺産登録を目指すこととなります



どんどん高速化が進む昨今ですが

反面このようなものも再認識して

次代へつながる契機となればいいですね

是非とも応援したいです



Img_101128hitoyoshhaki

レンガ造りのトンネルを出てきた「人吉号」

ほんとにタイムスリップしたような感じです



Img_101128hitoyosh

球磨川第一橋梁を渡る「人吉号」



肥薩線にて 作例は昨年11月に撮影したものです



※画像上をクリックしますとオリジナル画像に拡大します









|

« イーディー76 | トップページ | EF81-408号機 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1156227/41053962

この記事へのトラックバック一覧です: 世界遺産目指す肥薩線:

« イーディー76 | トップページ | EF81-408号機 »