« 二反田Sカーブ~その2 | トップページ | 海に続く道 »

2011年5月 7日 (土)

「みんなちがって みんないい」

「こだまでしょうか・・・いいえ、だれでも」

ACのCMで大ブレークした金子みすゞの詩



ここ山口県仙崎にある金子みすゞ記念館

実家は金子文英堂の屋号で本屋を営んでおり

今は一部が改装され記念館として保存されています

館内はみすゞの作品がところ狭しと置かれています



まだ若くしてこの世を去った金子みすゞですが

彼女の詩は幻の童謡詩人と称されるほど

万人の心に響く秀逸な作品を残した詩人の一人として

今もしっかりと慕われています



また下関ー仙崎間ではこんな列車も走っています



Dpp_1155misuzu1

金子みすゞにちなんで キハ47「みすゞ潮騒」

山陰本線下関ー仙崎間で運行されています



Img_01721

金子みすゞがまだ20歳くらいの時だそうです



Img_1155misuzu4

実家の金子文英堂

今は記念館として保存されています



Img_1155misuzu2_2

「みんなちがって みんないい」



Img_1155misuzu5 

館内では詩集なども販売されています



今回はほんの一部の詩を見ただけですが

彼女の素朴で素直な気持ちが詩に現れているようですね



2011年5月5日金子みすゞ記念館



※画像上をクリックしますとオリジナル画像に拡大します









|

« 二反田Sカーブ~その2 | トップページ | 海に続く道 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1156227/39899046

この記事へのトラックバック一覧です: 「みんなちがって みんないい」:

« 二反田Sカーブ~その2 | トップページ | 海に続く道 »