« 春色いっぱい | トップページ | いさぶろう・しんぺい »

2011年4月17日 (日)

夕陽とED76

真っ赤な夕陽に向かって

ED76が走ります



EF81銀釜が東北大震災復興支援に

駆り出されており

残されたED76達が頑張ってます



Img_1141ed76

九州ブルトレの消滅 またEF81などの台頭で

活躍の場も略終え 順次廃車が進むED76



そんなED76と真っ赤な夕陽! 

何故か哀愁漂う夕暮れの一時でした





2011年4月16日鹿児島本線



※画像上をクリックしますとオリジナル画像に拡大します







|

« 春色いっぱい | トップページ | いさぶろう・しんぺい »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

管理人様、こんばんは。「ED76」九州の鉄道愛好人には殊更『愛着』深きカマです。九州地区での電機に話しを絞りますと個性的だった鳩胸コンビ、試験的だった貫通扉付き、流れ着いた北陸移籍組。何かと注目された先輩カマ達と万能性とパワーで上回る後輩カマ達に挟まれた76は少々地味な役処の様に思えます。国鉄型交流機としては完成された性能とスタイル・大量増備がデゴイチ的な「何処にでもいる」モノに写ったせいかも知れません。しかし客貨両用・島内の主要電化幹線を一手に受け持った実績は九州の鉄道史に燦然と輝く功労機。既に貨物仕業しか定期運用を持たない同機ですが1日でも長く活躍して欲しい最愛の交流電機です。

投稿: 夢幻鉄道 | 2011年4月17日 (日) 18時58分

夢幻鉄道さん おはようございます

ED76は九州の貨物の代表格と言っていいほど
お馴染みの機関車ですよね
交流型機関車としてとして長い間ブルトレから一般貨物
まで牽引してきた同機関車ですが、昨今のJR貨物の
合理化などで廃車も急速に進んでいるようです
残念ながら時代の波には逆らえないようですが
ほんとに1日でも長く活躍してもらいたいものです

投稿: いわいわ | 2011年4月18日 (月) 08時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1156227/39633993

この記事へのトラックバック一覧です: 夕陽とED76:

« 春色いっぱい | トップページ | いさぶろう・しんぺい »