« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010年7月31日 (土)

787系 つばめ

JR九州の代表的特急列車787系「リレーつばめ」です

代わり映えしない一般的な画ですが、このダークグレーがなかなか合わし難いです

現在新幹線のリレー列車として博多ー熊本県八代間を走行します

来春九州新幹線が全面開通しますと、この「つばめ」も鹿児島本線から撤廃され

日豊本線で主に運行されされるようになります

Ssimg_1412r 鹿児島本線 大野城ー都府楼間にて

Ssimg_0213r 鹿児島本線 原田駅にて

Ssimg_1463r鹿児島本線 大野城ー都府楼間にて

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年7月29日 (木)

特別列車 「EXILE EXPRESS」運行決定!

またもやりましたJR九州!

JR九州で 「EXILE LIVE TOUR 2010 FANTASY」の大分公演にあわせ

ラッピングトレイン 「EXILE EXPRESS」の運行開始が決定しました

運行開始は、22年8月6日~9月28日です

運行駅は、博多駅ー大分駅

運行車両は、青いソニックでおなじみの883系です

Ssimg_0340r_2 ラッピング列車で運行される予定の883系「青いソニック」

Img_0341

詳しくはJR九州のHPでご覧ください カッコいいですよ・・・・・ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月27日 (火)

元都営三田線 6000系

熊本電鉄で運行されている元都営地下鉄三田線の6000系です

この6000系を藤崎宮前駅ー黒髪町駅間で撮影しました

この間は一般道路と線路が並走し、角ばった大きな車体が民家の軒先を

かすめるようにして走ります

どこまでが車道と線路か、そして民家との境界線は?とてもわかりません

そして民家の玄関前には、車がはみ出るようにして止められており

見るものにとってはちょっと怖いですが、この地区においてはこれが普通なんでしょうね

電車もかなりスピードを落として走ります

Ssimg_1796 見性禅寺前のカーブに現れた6000系 かなり車体が大きく見えます

Ssimg_1794 民家の軒先をかすめるようにして走ります

Ssimg_1799rr必由館高前から捉えた6000系 目の前にして見るとほんとに大きいです

熊本電鉄藤崎宮前駅ー黒髪駅間にて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月26日 (月)

日没の頃

夕陽に染まる筑後平野を西鉄の電車が走ります

太陽に雲がかかり形はハッキリしませんが

しかしこうして見ると太陽ってその時々の状態により

様々な表情があるのでおもしろいですね

Ssimg_1194

西鉄電車 久留米ー小郡間にて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月25日 (日)

青ガエルが見えるトンネル

元東急電鉄の5000系「青ガエル」!

いまだに熊本電鉄で元気に走っています

そんな「青ガエル」をトンネルの入り口に顔を出したところを捉えてみました

Ssimg_1788rrr トンネルに差しかかった「青ガエル」

Ssimg_1789r トンネルに入るとライトが一層まぶしいです

7月25日 熊本電鉄打越ー池田間にて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月22日 (木)

赤い特急・・・九州横断特急

「九州横断特急」 その名のとおり、大分県別府~阿蘇~熊本~人吉と

九州の真中を横断する長距離特急です

別府の海、阿蘇の広大な山並み、そして肥薩線とほぼ並行して流れる球磨川

など、車窓から見る海と山の情景、九州の魅力を再発見できます

この夏休みにいかがですか、

きっといい思い出になりますよ!

Ssimg_1777r 荒瀬ダムの撤去により水の引いた球磨川第一橋梁を渡るキハ185系九州横断特急

Ssimg_1778目の前の今では珍しい火の見やぐらと全く関係のない電柱 これもご愛嬌で・・・・ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月21日 (水)

球磨川の水が・・・・

球磨川下流の荒瀬ダムが撤去となり、エメラルドグリーンのダム湖が

ご覧のとおりです

でも、ダムの撤去により八代海に流れ出る水で河口に広がる砂干潟がもどり

カニや貝などの多種多様な生きものも戻りつつあるそうです

喜ばしいことですね

Ssimg_1779 すっかり水の引いた球磨川第一橋梁を渡る「人吉号」

Ssimg_1781rアップで狙いましたが煙が今一でした 前の電柱はご愛嬌で・・・・・

7月19日 肥薩線 鎌瀬にて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月19日 (月)

黒い特急・・・はやとの風

ひさしぶりに「はやとの風」に会ってきました

黒の精悍なキハ47!いつ見てもカッコいいですね

鹿児島県北部は午前中はどんよりとした雲が立ちこめ時おり小雨が降る

あいにくの天気でしたが、黒い特急「はやとの風」は元気に走っていました

Ssimg_1771r 山あいから聞こえるキハ独特のディーゼル音 音が迫ってくると同時に現れた「はやとの風」 待つ間のこの高ぶる感情がなんともいえないですね・・・いやー感激感激です

Ssimg_1758r

車体を傾けコーナーから直線に進入する「はやとの風」 キッチリ画になります

Ssimg_1774

目の前を走り去っていく「はやとの風」  後ろ姿も画になりますね・・・・

7月19日 肥薩線 植村-霧島温泉にて

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月18日 (日)

復活!キハ58・65

北部九州も17日に梅雨が明け、梅雨明けと同時に連日晴天の真夏日です

今日も35度近くまで気温が上ったようです

そんななか、昨日から復活運転されているキハ58・65が

今日は門司から筑豊線経由で人吉まで運行されました

先日の豪雨で運行も心配されましたが、待機していた筑豊本線

冷水峠をほぼ定刻通りに通過しました

Ssimg_1750r

Ssimg_1754rrr_2

今年の2月より復活運転している、キハ58・65も今回の運行と来月の運行で

最後になりますね

ファイナルは「ゴールデンひかり」でフィナーレを飾るそうです

ゴールドのヘッドマークを装着し、ラストの2日間は66・67と併合し

4両で運転される予定です

楽しみですね・・・・

運行日程 8月28日(土) 大分(9:00頃)⇒門司港⇒博多(18:48頃)

       8月29日(日) 博多(9:04頃)⇒熊本⇒大分(18:47頃)

※運行日程はJR九州より発表されたものです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月16日 (金)

近郊形 キハ415

アイボリーの車体に青いラインが特徴のキハ415です

北部九州の近郊形電車として運行されています

Ss01056r 福岡市東区の多々良川を渡るキハ415

Ssimg_1453r 鹿児島本線 大野城-都府楼間にて

Ssimg_1450rr 鹿児島本線 大野城-都府楼間にて

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2010年7月15日 (木)

100系がお色直しで!

引退の決まった100系こだまが、現在のグレーとフレッシュグリーンから

デビュー当時のオリジナルカラー 白と青に戻され8月より再デビューです

引退までこのカラーリングで運行されるようです

先に引退した0系も同じように白と青に戻され引退まで運行されましたね

Ssimg_1292r_2 とんがり鼻状の前面と 真っ平らなフロントガラスが特徴の100系              フロントガラスは0系も同じ形状でしたね

Ssimg_0450rr現在のグレーとフレッシュグリーン色の100系こだま

Ssimg_0422r_3 博多駅の手前ですれ違う6両編成と4両編成の100系こだま

国鉄時代から0系と一緒に唯一の生き残り車両であった100系

現在は山陽新幹線を「こだま」で運行されています 

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2010年7月14日 (水)

9600型

9600型は初の国産貨物機関車で770機が造られたそうです

愛称は「キュウロク」です

当館に保存されている59634号はその番号から「ごくろうさんよ」とも

呼ばれ、北九州地区最後の蒸気機関車です

九州鉄道記念館にて撮影

Ssimg_1714r 59634号機 愛称は「ごくろうさんよ」です

Ssimg_1715 きれいに磨かれた連結棒

Ssimg_1716動輪もきれいに手入れされています

北九州市門司 九州鉄道記念館にて

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年7月13日 (火)

ED72形

九州地区の電化にともない登場した九州初の交流専用電気機関車で

晩年は貨物列車にも使用されたED72形です

もちろん今は走っていませんが、

画像は九州鉄道記念館に保存されている試作1号機です

Ssimg_1734 手入れもしっかりされていて朱色がとても鮮やかです

Ssimg_1710 ステンレスのラインも今では珍しいですね

Ssimg_1717

北九州市門司の九州鉄道記念館にて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月12日 (月)

ボンネット 「にちりん」

ボンネット形特急「にちりん」 昭和44年製で直流・交流に対応した481系です

また、唯一九州~本州の直通運転を可能にした電車です

九州では「にちりん」の他「かもめ」「有明」としても使用されました

九州鉄道記念館で撮影です

Ssimg_1735r481系「にちりん」です きれいに手入れされ保存されています                 こうして見ていると今にでも走りそうな感じです

Ssimg_1732 窓枠全体を被ったえんじ色の帯とJNRのエンブレムが国鉄時代ですね・・・・

Ssimg_1727r運転席も広くフロントガラスのセンターピラーが481系ですね

Ssimg_1731 客室内もきれいに手入れされています

7月11日 北九州市門司の九州鉄道記念館にて

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月11日 (日)

九州・金太郎

関門トンネルを抜け九州に入ったEH500形金太郎

「平成のマンモス」と呼ばれているだけあって さすがに迫力を感じますね

単機で門司駅に進入するところを捉えてみました

Ssimg_1737r EH500-50 赤がとても鮮やかです

Ssimg_1746r いいアングルで捉えたのですが、架線柱が真中に入ってチョット残念・・・

Ssimg_1741r EH500-67 こちらもまぶしいほど赤が鮮やかです やや流し気味に・・・・

鹿児島本線 小森江-門司間にて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月10日 (土)

EF81茶釜重連&青釜単機

北部九州は午後になり雨が落ちてきました

福工大付近で撮り鉄の予定でしたが、夕方にかけて

雨足が強くなるとのことで本日は中止

ということで先日撮った画になりますが、

茶釜EF81 302号機と青釜EF81 451号機をUPしてみました

Ssimg_04117r 先頭のEF81 302号機 名島にて

Ssimg_04312rr 青釜EF81 451号機単機走行です 千早-福岡(タ)にて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 9日 (金)

EF81-301&408

鹿児島本線 大野城で捉えたEF81-301号機と408号機です

何故かしら最近はこの場所へよく来ます

先月保育所前の紫陽花と一緒に撮らせていただいた時に

お世話になった保育士さんの影響かなぁ・・・・・

と いろいろ思ったりして・・・・・

Ssimg_1655rr EF81-301号機

Ssimg_1682r EF81-408号機 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 8日 (木)

モスグリーンが鮮やかです

九州を代表するリゾート列車 キハ71「ゆふいんの森」

昨日の青釜EF81 4094レを待つ間に撮ってみました

傾きかけた太陽に反射されるモスグリーン色が鮮やかです

Ssimg_1658r モスグリーン色は鮮やかですが近くから見るとやや車体のでこぼこ感が目立ちますよね  

Ssimg_1675rr そんなことで 横から流してみましたが・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 7日 (水)

青釜 EF81-452

今日の4094レです 珍しく青釜EF81 452号機でした

Ssimg_1670r 鹿児島本線 大野城にて ややブレ気味ですがお許しください

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 6日 (火)

のんびりと走ります

深緑の森そして渓谷に沿って

平成筑豊鉄道 直方-行橋間をのんびりと走る「なのはな号」

春だけではなく このネーミングで四季を通して走ります

同鉄道では7種類のラッピング列車が使われています

400系が6車両 300系が1車両

全てがカラフルなラッピングに施された車両で見ているだけでも楽しいです

子ども達にも喜ばれそうですね

Ssimg_1645rr_2 鉄橋を渡り森のなかを走る「なのはな号」

Ssimg_1647r 源じいの森駅で キャラクターの「ちくまる」が可愛いですね・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 5日 (月)

土木遺産 内田川橋梁(3連アーチ)

平成筑豊鉄道 源じいの森から内田川橋梁3連アーチへ

九州の近代土木遺産にも指定されている橋梁で

橋の長さもわずか13メートルですが、煉瓦で積み上げられた壁が

時代を感じさせられます

それもそのはず このめがね橋が造られたのが明治28年(1895年)だそうです

炭鉱の最盛期だった当時は石炭の積み出しに蒸気機関車がひっきりなしに

ここを走ったそうです

今ではこんな華やかな列車がのどかに走ってます

Ssimg_1619r 緑の田畑に「ゆめタウン号」のラッピングが映えます

Ssimg_1624r なかなかカラフルですね かっての「炭都」筑豊の風景を描いたラッピングを施し       忘れ去れつつある郷土の歴史と遺産を内外に再認識していただくためにも        この様な絵が描かれたそうです 列車のネーミングも 「炭都物語号」です

Ssimg_1613r

土砂降りのなかを疾走する「へいちく浪漫号」 

いろんな構図でこのラッピング列車を撮りたかったのですが・・・

小川や田畑の水が溢れ足元も悪く車内からの撮影になりました

折角ここまで来て残念です                 

梅雨時ですから仕方がないですけどね 

次回もう一度チャレンジです                

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 4日 (日)

源じいの森

北九州小倉から平成筑豊鉄道「源じいの森」へ

雨が降る条件の悪いなか小倉の帰りに寄ってみましたが

現地に着いた途端雨も小康状態となり撮影には問題なさそうです

平成筑豊鉄道にはカラフルなラッピング列車が多いので

どんな列車がやってくるのか楽しみでしたね

Ssimg_1637r_2 行橋方面からやってきた「へいちく浪漫号」 浪漫っていうネーミングがいいですね           この列車に乗るとなにかロマンを感じさせてくれそうな そんな感じがします

Ssimg_1634r これはまたど派手で可愛い列車ですね・・・今川鉄橋を渡る「ゆめタウン号」です           森の中を走る列車のカラフルな色が一際映えます                               この辺りは木の枝が結構伸びており脚立がないと撮影は厳しいですね            もちろん脚立は使いましたが足もとが悪く ややふらつき気味のなかでの1枚です   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 3日 (土)

小倉駅&300系

足立公園より新幹線小倉駅を俯瞰撮影

当日はもやもかかり条件的にはかなり厳しい状況でしたが

取あえず新幹線(ドクターイエローが来る予定でしたが)は捉えることができました

Ssimg_0255r 小倉の東側に位置する足立山から小倉駅を俯瞰撮影です                  もやがかかっていなければ最高の展望なんですが、                       残念ながら小倉駅も霞んでおり、横のリーガーロイヤルホテルがなんとか見える状態です東京に向けて発車するN700系

Ssimg_0155rrrr N700系の導入で進退が危ぶまれる300系 秒読みかそれともあと何年・・・・・                 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 1日 (木)

九州ブルトレ復活!

九州を数日間かけて一周する豪華寝台列車を運行する

構想がJR九州より明らかになりました

自然や歴史の変化に富む九州の観光地を周遊する列車は、

急増する中国人観光客をはじめ、アジアからの誘客にも寄与するものと

みられています

この専用寝台列車は、JR九州の列車をデザインするお馴染みの

ドーンデザイン研究所水戸岡鋭治氏が手がけられます

博多駅を出発して2泊3日程度かけ、九州の観光地をゆっくりと回る

それも期間限定ではなく常時運行にする方針だそうです

2、3年後をめどに実現を目指すそうですが、これも楽しみですね

早期の実現に期待したいです

Ssimg_05104r 鹿児島本線を走ってた当時の寝台特急「はやぶさ」

Ssimg_05253 昨年リバイバルで運行された寝台特急「さくら」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »