« 九州の交流近郊電車 | トップページ | 水しぶきを上げて疾走! »

2010年5月23日 (日)

貴重な存在EF81「銀釜」

今日は博多から鹿児島本線を南下!

雨の降るなかでしたが、ひさしぶりに原田で撮影しました

それも今では貴重な存在になりつつあるEF81「銀釜」です

独特のステンレスの釜に緑の盤と金文字のエンブレムが存在感を表しています

Simg_1205r

Simg_1210r_2 EF81-304 5057レ 車中での手持ち撮影 ややブレ気味でちょっと残念です(鹿児島本線天拝-原田にて)

Simg_1220_2 ED76-1010 4081レ 土砂降りのなか原田駅に入線するED76 駅の手前がほどよいカーブになっており、天拝方面から進入する列車を真正面から狙えます

Simg_1244EF81-401 4083レ 相変わらず土砂降りです それでも3番ホームではしっかりファインダーを覗いている方がおられましたね・・・・好きなんですね~  もちろんホームには屋根があります

九州も貨物の高速化に伴い赤釜のEF81を含め

今後も徐々に見る機会も少なくなっていきそうですね

変わって「金太郎」あたりがどんどん南下してきそうです

|

« 九州の交流近郊電車 | トップページ | 水しぶきを上げて疾走! »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1156227/34836277

この記事へのトラックバック一覧です: 貴重な存在EF81「銀釜」:

« 九州の交流近郊電車 | トップページ | 水しぶきを上げて疾走! »