« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

2009年11月27日 (金)

ラストラン やまぐち号(その3)

長門峡から徳佐へ

Ssimg_1496r

線路沿いのすすきがきれいでした 煙がやや右へ・・・

Ssimg_1501r

後ろを振り向いて 山々の紅葉はやや色付き加減です

徳佐へは距離的にも長く約20Kmの道のりです 少しでも渋滞すれば間に合いません

おかげさまで車の多い割にはスムーズに走れましたが、徳佐に着くとお目当てのポイント(徳佐Sカーブ)は人、人、人でここも入れる余地はありません

しかたなしにここもスルーしこの先の踏切の手前で構えます ここからはやや逆光気味ですが露出をしっかり合わせサイドから狙うことにしました 通過時刻の約5分前です

しばらくすると田園の中をやまぐち号がやってきました

しかし煙が右へ流れており なかなか真っ直ぐになりません ぎりぎりまで待ちましたが全体が入ったところでスイッチONです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月25日 (水)

ラストラン やまぐち号(その2)

Ssimg_1457rrr

渡川の鉄橋を渡る「やまぐち号」

Ssimg_1469rrrr_2

手前に来たところをUPで撮ってみました

大山路踏切の撮影後隣の方に挨拶をして即座に車に乗り込む

この後次のポイント仁保まで行く予定が、国道376号線に出るまで渋滞、仁保を諦めこのまま9号線に出て長門峡まで行くことにした 

9号線も車が多い 秋吉台に行く三叉路までが渋滞 気持ちは焦るが慌てても仕方ないので車の流れにまかせる なんとか三叉路を通過するがやはり車が多くこの後も思うように走れない

流れにまかせて長門峡に入ると今度は「道の駅長門峡」までが渋滞  「やまぐち号」の長門峡駅発車時間が11時53分 後10分少々しかない

やっとのことで「道の駅長門峡」を通り過ぎ ポイントの鉄橋へ行くが、鉄橋下や川沿いには車の駐車と人で一杯 ここも諦め少し先に行ったところの踏切近くで構えることにした

なんとか間に合い構えてしばらくすると長門峡駅を発車する汽笛が鳴る

渡川の鉄橋の先に煙が舞い上がるのが見え「やまぐち号」が姿を現した

この場所は始めての場所でしたが、なんとか正面を狙うことができました また逆光気味でもありましたが、煙の濃淡がはっきり出てまずまずの絵となりました

※画像上をクリックするとオリジナル画像に拡大します

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月24日 (火)

ラストラン やまぐち号

Simg_1446r

22日の真冬並みの寒さとは一転して今日(23日)は朝から雲一つなく快晴 気温も上がり絶好の撮影日和でした

今日は今年最後のC57「やまぐち号」を津和野まで追っかけました

最初の撮影ポイントは大山の18キロポストです 前回は手前の大山路踏切でしたが、正面気味を狙いたくて今回はこの場所にしました

通過時間の1時間前に着きましたが既に先客で一杯 場所は狭く15人くらい構えれば一杯っていう感じですね

先客さんに挨拶して、低い位置ならということでなんとか場所を空けていただきました やはり同業者さんはありがたいですね

後からも続々と来られましたが、この場所に入れる余地はありません 皆さん藪の中や小高い場所に上られたりしてそれなりに場所を探しておられました

時間も経ち略定刻 かん高い汽笛と共に「やまぐち号」がゆるやかな坂をゆっくりと駆け上がってきます

ドラフト音を響かせながら煙を舞い上げドレンを吐きながら現れました  

この姿がいいです!ゆっくりと坂を上がり迫ってくる姿はいつみても迫力があり「貴婦人」を感じさせられます

「今年も感動をありがとう・・・」

また、来年に期待です・・・ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月19日 (木)

キハ125形気動車

Simg_1401r

JR九州の近郊形ディーゼルカー キハ125形

九州の各ローカル線で運用されてます

塗装はお馴染みの水戸岡鋭治氏が率いるドーンデザイン研究所のデザインです

ローカル線を走る明るい黄色一色の車体が一層引き立って見えます

久大本線 夜明駅にて!

※画像上をクリックしますとオリジナル画像に拡大します

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月17日 (火)

久大本線~夜明駅

Simg_1418r

夜明駅で由布院方面に向うキハ72「ゆふいんの森」 右端は日田彦山線です

Simg_1436r

日田の花見川鉄橋を渡るキハ71「ゆふいんの森Ⅰ世」 レトロ感覚の曲線的デザインが久大線の山間に似合います

久大本線と日田彦山線が交わる夜明駅

日田彦山線はここで久大本線に乗り入れ日田に直通します

駅名のとおり夜が明ける駅!縁起のよい駅として結構有名です

駅構内には記帳ノートが置かれており 駅に立ち寄った方は誰でも記帳できます

日本や世界の鉄道の旅シリーズで駆け回っていた旅人関口知宏さんの記帳もありました

※画像上をクリックしますとオリジナル画像に拡大します

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月15日 (日)

もう一度貴婦人に!~その2

Ssimg_0400r

地福から鍋倉へ向う上り坂 順光で直線を駆け上がってくる貴婦人を正面気味で捉えて見ました

Ssimg_0411r

徳佐の駅を出たところです 煙のボリューム感とドレンから吐き出る蒸気がなかなかバランスがいいですね  機関士さんもしっかりと見せてくれました

貴婦人の愛称で親しまれているC57「やまぐち号」 その姿はいつ見ても華やかで綺麗です

今年の最終運行イベントが11月23日に行われます なんとか今年最後の貴婦人に会いたいものです

※画像上をクリックしますとオリジナル画像に拡大します

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月10日 (火)

もう一度貴婦人に!

Ssimg_0410rr

徳佐のS字カーブで捉えました カーブを曲がる姿がとてもきれいです やはり貴婦人の風格を感じますね

Ssimg_0460r

長門峡駅を出て直ぐのカーブで、正面から見る貴婦人!いい顔をしています!

山口線を走るC57「貴婦人」今年も心ゆくまで楽しませてくれました

特に今年の8月に復活30周年記念で走行したC57&C56重連が見事でしたね!

今年の「貴婦人」の運行も後数日ですが、なんとか紅葉を背にして走る

「貴婦人」にもう一度会いたいですね・・・

※画像上をクリックするとオリジナル画像に拡大します

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 8日 (日)

リゾート特急列車

久大本線を走るリゾート特急ゆふいんの森・ゆふDX・ゆふ号の3車両です

Ssimg_1373r

やや色づいてきた山間をバックに独特のディーゼル音を響かせながらキハ185系「ゆふ」が玖珠川の鉄橋を渡ります 

Ssimg_1233rr

日田盆地を疾走するキハ72系「ゆふいんの森」 電柱等の障害物もなくすっきりした構図の中で捉えることができました

Ssimg_1396rr

夕暮れの久大線日田を疾走するキハ183系「ゆふDX」 プレミアムイエローが一段と映えます 水面に映る同車両を一緒に撮ってみましたが、露出の設定が甘かったですね

紅葉見物に大分県玖珠まで行きましたが、時期的には未だ早かったですね 5分咲きというところでしょうか

紅葉も早々と切りあげ帰りは時間もたっぷりあるので、それでは列車撮影ということで鉄道に切り替えました

玖珠から日田まで国道と線路がほぼ並行して走っているので、いろんな箇所で撮影できますね

めったにない機会なので、ゆふいん号シリーズということで3車両を撮ってみました

※画像上をクリックしますとオリジナル画像に拡大します

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 5日 (木)

佐賀バルーンフェスタ&813(その2)

Ssimg_1329rrrr

臨時駅「バルーンフェスタさが駅」を出発した上りの813系 後方には早朝の澄み切った大空に嘉瀬川河川敷から飛び立ったバルーンが上ってます

Ssimg9964

バルーンファンタジア 人気キャラクターや動物たちのバルーンがローンチェリアに勢ぞろい風の影響でフライトはありませんでしたが、下から見ると相当の大きさです(佐賀バルーンフェスタ)

Cnt_img_montgolfier

ラ・モンゴルフィエ・ノクチューン(夜間係留)

10月3日16:30から行われた 夜間係留とライトアップが見たかったのですが、残念なことに突拍子のない用事が入り昼すぎには会場を離れることになりました (画像は佐賀バルーンフェスタ組織委員会よりです)

このような絵を撮りたかったのに非常に残念でした・・・来年に持ち越しです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 3日 (火)

佐賀バルーンフェスタ&813

30周年記念大会 「佐賀インターナショナルバルーンフェスタ」

Ssimg_1316r

バルーンフェスタ開催中の臨時駅「バルーンフェスタさが駅」です 朝夕の時間帯には1時間に約10本の列車が停車します 臨時駅に停車中の811系と今から飛び立とうとするバルーンです

Ssimg_1348

嘉瀬川河川敷から離陸したバルーン ここからでもバーナーの音がしっかり聞こえます

Ssimg_1333rr

バルーンを背に佐賀平野の田園地帯を813系が走ります

Ssmainvisual04r

秋桜もそろそろ終わりですが この河川敷ではまだ残ってました

国内外から100機を超えるバルーンが集まるアジア最大の熱気球大会です

10月30日に開催されましたが、残念ことに雨と強風で11月1日と2日のフライトが中止になりました

本日は最終日とあって今年一番の冷え込みの中早朝から行ってきました 

早朝のバルーン競技は行われましたが その後風の影響もあり

期待してたバルーンファンタジアは中止になり昼前には帰路につきました

思ったような絵になりませんでしたが、取りあえずUPしてみました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 1日 (日)

ひさしぶりのハチロク

Sshitoyosi_002rrrr

今年の春リバイバルのハチロク 真っ黒な塗装が光輝いてます

煙はしっかり出ていましたが、ドレンからの蒸気がいまいちでしたね

Sshitoyosi_026rr

爆煙とまではいきませんが、平地でありながら結構見せてくれました

肥薩線八代ー段間を走るハチロク

C57の貴婦人などに比べるとやや小柄ですが

ドラフトを響かせながら走る姿は やはり蒸気機関車ですね

※画像上をクリックしますとオリジナル画像に拡大します

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »