« キハ47と萩の町 | トップページ | キハ47に連結されるアクアライナー »

2009年8月31日 (月)

鉄道のGT-R

日豊本線を博多ー大分佐伯間で運行される「青いソニック」883系

ある鉄道ライターは鉄道雑誌のなかで、この「青いソニック」を鉄道のGTーRとも言っていました

Sss0047r

福岡市東区の多々良川を渡る大分行きのソニック

Sssimg_0353rr

バイザーにもSONICと書かれてますね

Sssimg_0341r

同車両は振り子システムを採用しておるため カーブでもスピードを落とすことなく走り抜けることができます 車体を傾けて東福間の大カーブ疾走する883系

Sssimg_0361rrr

迫力を感じるフロントエアーダクト Sマークと羽のついたような連結器カバー 細かいところまで凝っています

水戸岡氏がデザインしたこの車両は、なるほど思わされる箇所が随所で見られます 例えばワイパーや連結器のカバー、Sマークそしてフロントエアーダクト、全面ブルーメタリックの外観 遊び心満載の「ソニック」 ほんとにマニアを魅了させてくれます

|

« キハ47と萩の町 | トップページ | キハ47に連結されるアクアライナー »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1156227/31180939

この記事へのトラックバック一覧です: 鉄道のGT-R:

« キハ47と萩の町 | トップページ | キハ47に連結されるアクアライナー »