« 筑前山家駅の621号と324号 | トップページ | 813形近郊形車両 »

2009年6月 2日 (火)

吉野ヶ里遺跡と鉄道

吉野ヶ里駅から見る吉野ヶ里歴史公園と783形ハウステンボスと885形白いかもめ

Ssimg_0571

駅に立っていると783形ハウステンボス号が通過しました。その左奥に吉野ヶ里集落の一部が見えます。

Ssimg_0575

しばらくすると下りの白いかもめがやってきました。

Ssjrhakata_003r

警笛を鳴らしながらかなりのスピードでこの駅を通過します。

Ssimg_0579

駅を降りると卑弥呼の像が立っております。左手を指さし「吉野ヶ里公園はあちらの方向です!」と言っているようです・・・・??

Ssimg_0587

駅から吉野ヶ里公園の方向を見ると集落の一部が見えます。

Ssimg_0601

公園内の物見櫓から見た集落です。櫓の上から見ると吉野ヶ里歴史公園が一望できます。

※画像をクリックすると画像が拡大されます。

「弥生の声が聞こえる」をテーマに、弥生時代を体感できる場として当時のそのままを復

元した環境集落や古代の森や水田遺構、弥生の草地風景などを再現した日本最大級の

国営環濠集落遺跡です。

公園の広さは58ヘクタールとかなり広く福岡ヤフードームの約15倍だそうです。

|

« 筑前山家駅の621号と324号 | トップページ | 813形近郊形車両 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1156227/29911884

この記事へのトラックバック一覧です: 吉野ヶ里遺跡と鉄道:

« 筑前山家駅の621号と324号 | トップページ | 813形近郊形車両 »