« JR九州キハ125形気動車 | トップページ | 新幹線100系と300系 »

2009年2月25日 (水)

EF66に牽引される「富士/はやぶさ」

EF66に牽引され新山口駅で出発を待つ「富士/はやぶさ」

Img_1261975_26344664_0_2

Img_1261975_26344664_1 

東京駅から下関駅までは、直流車両のEF66が牽引します。

下関駅から門司駅までは(関門トンネルを通過)、直流交流専用機関車が牽引、門司駅から熊本までは交流車両のED76が牽引する「はやぶさ」、大分駅までは同じくED76が牽引する「富士」が運行されます。

ちょっと複雑ですが、九州に入ると全線が交流で電化されており、交流車両でないと走れません。従って本州から九州に入る場合は上記のように切り替えが必要となるわけです。

直流にすれば双方の乗り入れも可能なわけですが、直流にするには相当費用がかかるようですね。

|

« JR九州キハ125形気動車 | トップページ | 新幹線100系と300系 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1156227/28360888

この記事へのトラックバック一覧です: EF66に牽引される「富士/はやぶさ」:

« JR九州キハ125形気動車 | トップページ | 新幹線100系と300系 »